財産関係

夫婦として生活を送るということは、身分上生活上一体をなした生活を送るということです。

この一体的な関係を解消するのが「離婚」というわけですが、関係を解消するためには財産の清算が必要になってきます。

 

民法は原則として夫婦別産制を採用しています。

なので、結婚前から有していた財産、及び結婚後に相続したり贈与を受けたりした財産はそれぞれの財産のままで分割されることはありません。

 

では、婚姻期間中に夫婦が協力して得た財産はどうやって清算するのでしょうか? 

 

たとえば、夫が外で働き、妻が家を守るという伝統的スタイルの夫婦間では妻が「家に入る」ことによって労働力が上がったと考えられるので、夫の収入は夫の名で入るけれど潜在的に妻の労働の対価が含まれていると考えられます。

この潜在的な妻の労働の対価を無視して形式的に夫の収入は夫の特有財産としていては憲法の規定する「両性の平等」は達成されません。

そこで、この不公平を解消するために離婚時には財産分与という清算方法が取られます。

この財産分与は、よく慰謝料と混同してとらえられがちですが、それぞれ別の意味をもつものです。

慰謝料が不法行為によって相手に精神的損害を与えた場合に支払われるものであるのに対し、財産分与は不法行為の有無にかかわりなく財産の清算としてなされます。

 

Hey Visitor!