離婚にいたるまでのプロセス

離婚とは、婚姻によって成立した法律上の身分関係を解消する手続きを言います。

いったん出来上がった関係を解消するのは決して容易なことではありません。

 

ここでは、離婚に至るまでの大まかなプロセスについて述べることにします。

 

1、協議

 離婚というものは、当たり前ですが当事者が二人いるので二人の間で離婚をするのかどうかも含めて協議(話し合い)をする必要があります。

協議が整えば役所に届を提出し、離婚が成立します。

 協議内容は、財産の清算、子供の親権・面接等が主な内容になると考えられます。

 

2、離婚協議書の作成

 ここで協議した内容は文章にしておかなくても当事者間では有効ではありますが、後で当事者間での記憶違いや忘却等が生じて紛争に発展することを防ぐためには離婚協議書を作成しておくとよいです。

 ただ、当事者間で取り交わした離婚協議書があっても実際に書面に記した「約束」が履行されずに滞った場合には裁判所に訴えて強制執行のための準備をする必要があります。この準備には時間も費用もかかります。

 そこで、この面倒な準備段階を省く目的もあって、協議書を作成後した後にこれを公正証書にしておくことをお勧めします。

公正証書を作成しておくとこの証書をもとに債務者に対して強制執行をすることができます。

 

3、家庭裁判所

 ① 当事者同士で話し合いを続けても決着がつかない場合には家庭裁判所での行政サービスを受けることができます。

 いわゆる調停および審判手続きを意味します。

 この手続きは、いっぱんに「裁判」と言われるものとは違って家庭裁判所が後見的な見地から関わるもので、今後の生活についての話し合いの仲裁役になってくれるようなものです。

 調停は一般的には男女二人の調停員が当事者の意見を交互に聞き取り話し合いを進めてゆきます。調停はあくまでも当事者の話し合いが主体なので双方が合意に至らない場合は解決せずに終了します。

 

 ② 調停で何の解決策もなくこれが終了すると、それまでの当事者の行為が徒労に終わってしまうことになります。そこで申し立てにより審判手続きに移行することができます。

 審判では、これまでの話し合いの結果を考慮した上で家庭裁判所が解決案を提示します。

 

 ③ 以上のような手続きを経てもなお話し合いがつかない場合、最終的な手段として離婚訴訟が考えられます。

 離婚訴訟は訴訟ではありますが、判決の基礎にする事項が当事者の主張する事実のに限られるものではない・判決の効力が第三者にも及ぶなど通常の裁判と異なる点があるのが特徴です。

 

 

 

 

 

Hey Visitor!