「夫婦財産契約」という契約

夫婦間の契約はいつでも取り消すことができます。

だから、婚姻後の契約は当事者にとって不安定なものでしかありません。

 

他方、婚姻前の契約であれば夫婦の平等や婚姻の本質に反しない限り有効に成立します。

海外スターなどがお互いの財産について婚姻前に明らかにするために契約を結ぶという話は時々ニュースで流れています。

 

あまり一般的なことではありませんが、日本においてもこういった契約を締結することは可能です。注意しなければならないのは、この契約は婚姻後は変更することができないということです。

そして、この契約を第三者に対抗するためには婚姻の届出までに登記をしておく必要があります。

 

離婚が増加傾向にある現代においては、この夫婦財産契約が有効に機能する場面が増えてくるのではないかと考えられます。

Hey Visitor!