夫婦の財産

法律上、婚姻が有効に成立すると夫婦間の財産関係はどうなるのでしょうか?

ここでは、民法における夫婦間に財産関係の考え方について述たいと思います。

 

民法は、基本的には夫婦財産について夫婦別産制というスタンスをとっています。

ここで、夫婦別産制とは何か?が問題になってきますが、夫婦別産制とは婚姻前から有する財産および婚姻後自己の名で得た財産は夫婦の一方が単独で所有する財産(特有財産)として保護しようというものです。

そして、それぞれ自己の財産を管理することを基本とします。

 

ただ、この考え方を形式的に貫くと妻の家事労働が評価されず実質的には不平等な結果になることも少なくありません。

 

そこで、夫婦財産の中には名義は一方のものであっても婚姻中に夫婦の協力によって得た財産は実質的には共有と推定される財産だと考えます。

Hey Visitor!